医院ブログ 月: 2020年3月

電話番号初診時はカウンセリングと検査を必ずさせていただいておりますので大人は1時間30分、子供は1時間かかります

診療時間
09:15 ▶︎ 12:00 / / /
13:30 ▶︎ 18:00 / / /

※休診日:水・日・祝

メール相談

キービジュアル

高齢の方へ

2020年03月28日

皆さんこんにちは😃

歯科衛生士の比嘉担当です!

 

 

今回は年齢を重ねたら変わってくるお口の状態についてお話しさせて頂きます。

実は、高齢になると虫歯や歯周病になりやすくなるんです。これまで歯に自信があった方でも、知らないうちに病状が悪化して、削ったり歯を抜く事があります。

 

こんな症状はありませんか?

 

①歯ぐきが下がってきた

加齢や歯周病、歯ブラシのこすりすぎ、歯ぎしりが原因で歯ぐきが下がると、歯の根元がむき出しになります、根元はエナメル質という鎧がないため、虫歯になりやすく。知覚過敏を引き起こしやすくなります。

 

②口の中が渇く

加齢や薬(降圧剤や降パーキンソン剤など)の副作用で唾液の分泌が減ってきます、唾液には口の中の洗浄・殺菌作用があるため、唾液量が少なくなると虫歯や口臭が発生しやすくなります。

 

 

③口の中が臭う

口臭は、唾液分泌の低下、歯周病、磨き残しによる口腔環境の悪化が主な原因です。特に入れ歯やブリッジ、歯の喪失が混在していると食べかすが残り不衛生になりがちなので、適切なケアが必要です。

 

④歯ぐきが腫れやすい

お口のお手入れ不足や、唾液の分泌量が減って口腔内の自浄作用が低下すると、歯肉の炎症、歯周病がおきやすくなります。放っておくと症状が悪化して歯が抜け落ち、正常な食事が出来なくなります。

 

思い当たる方もそうでない方もずっと自分の歯で食事ができるように当院では虫歯や歯周病のリスクを減らすお手伝いをさせて頂いてますので、定期的なメンテナンスをして行きましょう!!

コロナウイル感染予防対策実施のお知らせ

2020年03月27日

 

みなさんこんにちは。

コロナウイルス拡大に伴い当院では感染予防対策を実施しております。

 

①来院時、玄関のドアに手指消毒液を配置しておりますので入室される前に手指消毒をお願いします。。

②入室されましたら受付で体温を計らせて頂きます。37.5度以上ありますと診察を受けることが出来ませんのでご協力お願いします。

歯を失う原因、、

2020年03月21日

こんにちは、衛生士の松本です。
最近やっと春らしく暖かくなってきましたね。

さて、突然ですが皆さんは歯を失う原因1位は何だか知っていますか?
正解は歯周病です。虫歯やぶつけたりの怪我ではなく歯周病が1位というのは意外だなあ、と思われる方もいるかもしれません。

歯周病については過去のブログで何度か書いていますが、歯周病は様々な要因が重なって発症する病気ですので今日はそのうちのひとつ、〘 タバコ〙について書いていこうと思います。

タバコはガンになる!体に良くない!というのはよく聞くと思います。
最近はいろんな所で禁煙分煙が進んでいますよね。
体に良くないとは聞くけれど、歯にも関係があるの?という方、ぜひ最後まで読んでみてください。

歯周病の原因は歯に付着したプラーク・歯垢が原因です。
それがなぜタバコに関係するかというと、

①タバコの成分で唾液分泌量が減り、お口の中が乾燥し、汚れが付きやすい。
②歯ぐきの血管が収縮し、栄養が行き渡りにくく歯ぐきの抵抗力が下がる。
③歯ぐきの治癒能力が下がってしまうため、歯周病治療が難しい。
④歯ぐきが固くなってしまうので変化を見逃しやすい。

まとめるとタバコを吸っている方のお口は、汚れが付きやすく、歯周病になりやすく、治りにくいのです。

もちろんタバコを吸っている方で健康な歯ぐき・お口をしている方もいらっしゃいます。
しかし吸ってない方と比べると何倍も歯周病のリスクはあるので定期的な歯ぐきのチェック・クリーニングを続けていくのをおすすめします。

もうすぐ4月になり、新生活や年度の区切りの方も多いかと思います。
この機会にタバコについて考えてみるのもいいのではないのかなと思います。
禁煙したいな、と思った方!今が禁煙しどきですよ!

歯周病 と糖尿病の関係について

2020年03月14日

こんにちは!

 

歯科助手のまいです(((o(*゚▽゚*)o)))

 

最近 、寒さ もやわらいできて暖かい日 が増えてきましたねv(^_^v)♪

 

お天気 の良い 日にお散歩するととても気持ちがいいですよ!

 

今回は、歯周病と糖尿病の関係についてお話したいと思います!

 

 

糖尿病の人は、歯周病にかかりやすいと言われてます。

 

血行障害が起きて体の抵抗力が弱くなり、感染症にかかりやすくなります。

 

そして歯周病へとなっていくのです!

 

また、歯周病の人は歯周病菌の内毒素が血液中のTNFー@(腫瘍壊死因子)

 

という物質が分泌され、そして血管中のTNFー@増加するとインスリンの働きが

 

低下するため血糖値が上昇してしまい糖尿病の悪化へつながっていきます!

 

糖尿病の人は、健康な人と比べ、歯周病にかかる確率が2倍以上高いと言われています!

 

また、糖尿病の方が重度の歯周病になった場合、軽度の歯周病に比べ2年後に

 

糖尿病が悪化している確率が5倍高くなると言われてます!

 

当院では、糖尿病の症状がある方に対して、歯周病治療及び定期的なメンテナス

 

をお勧めしています╰(*´︶`*)╯

 

もし歯周病でご心配なこと、聞きたいことがありましたら

 

お気軽にスタッフに聞いてくださいね(^_−)−☆

 

 

 

赤ちゃん歯科

2020年03月9日

こんにちは!

歯科衛生士の吉川です(^o^)

最近はあまり明るいニュースを見ませんが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

早くいつもの日常に戻りますように💫

 

さてさて今回は先日のブログにも紹介した、

春日部にある『わたなべ歯科』さんでのセミナーについて今一度お話しさせていただきます♪

 

実は今回、私たちは『赤ちゃん歯科』についても医院のみんなで学ばせて頂きました!

 

みんなで正しい抱っこや寝返りの仕方、そのためのトレーニングなどについて実際に体験してまいりました(^o^)

なんで抱っこや寝返りが歯科と関係あるの?

って思われた方もいますよね!

しかし実は

赤ちゃんが健康に育つための成長発育に、

お口の中の環境は切っても切り離せない深い関係があるんです! 

虫歯予防や歯並びについても、もちろんとても大切なことですがお母さん達はなによりもお子さんが健康に育ってほしいという思いが1番ですよね(^^)

そんなお母さんたちのお手伝いをできる場が歯医者さんだったらいいなぁと思います!

そんなことを改めて学んだ1日でした☀️

初診「個別」相談へのご案内

メール相談

電話での問い合わせ

048-423-6423

初診時はカウンセリングと検査を必ずさせていただいておりますので大人は1時間30分、子供は1時間かかります

診療時間
09:15 ▶︎ 12:00 / / /
13:30 ▶︎ 18:00 / / /

このページの先頭に戻る