虫歯

電話番号初診時はカウンセリングと検査を必ずさせていただいておりますので大人は1時間30分、子供は1時間かかります

診療時間
09:15 ▶︎ 12:00 / / /
13:30 ▶︎ 18:00 / / /

※休診日:水・日・祝

メール相談

キービジュアル

  • 痛みを少なく
  • 削る量を少なく
  • 歯の神経を残す

これが基本です。

当院の虫歯治療は「その先」を
見越したことも行います。

  • 虫歯になりにくいお口の創造
  • 虫歯リスクチェックとリスク改善
  • 適切なケア

削って詰めるだけが
虫歯治療ではありません。
それではいずれ
「再発」してしまいます。

治療した歯が
長期間良好な状態でいられること。
それが大切。

当院の方針をお伝えする前に。
来院者様が「気になる部分」を先にお伝えします!

虫歯治療は「痛い」「歯を削る」「歯を抜く」治療が伴います。
当院ではこれらのことを、可能な限り最小限にする工夫を行っています。
理由は2つ。皆さんに「歯医者を嫌いになってほしくない」、そして「皆さんの大切な歯を守りたい」からです。

それぞれご簡単に紹介します。

「痛みを抑えた」歯科治療

歯科治療につきものだった「痛み」。
今では技術の進歩もあり、最小限に抑えることができます。具体的にどのようにして痛みを軽減しているのかをご紹介します。

STEP1表面麻酔

表面

針を刺す部分に、事前に麻酔液をしみ込ませることで、注射する際の痛みを軽減させます。

STEP2「極細の針」を使用

針

当院では現在発売されている中でも一番極細の針を使うことで、注射時の痛みを抑えています。
針は小さければ小さいほど、痛みをほとんど感じなくなります。

その他、痛みを軽減するために様々なテクニックを駆使していきます。
痛みの感じ方は人それぞれですが、大人の方はもちろん、お子さんにも「痛みを感じなかった」「全然、我慢できるレベルだった」と好評を得ています。

可能な限り「削る量を抑える」虫歯治療

院長

虫歯は必ずしも歯を削らなければならないものではありません。ケースによっては「経過観察」といって、歯を削らずに対処することもあります。歯は自己再生力(再石灰化)がありますので、初期の虫歯であれば、しっかりとしたケアや、生活習慣を整えることで自然に治癒していきます。進行した虫歯も同様です。

しかし、初期虫歯以降は、ケースによっては虫歯に侵された部分を削る必要がありますので、いかにして最小限に抑えるかが大切になります。

なぜなら、歯を削れば削る程、歯の寿命は短くなるからです
一度削った歯は、もとには戻りません。再発を繰り返すたびに歯を削り、最終的には抜歯になってしまいます

そうならないためにも「いかにして、歯を削る量を最小限にするか」が大切になります。

こだわり1.虫歯感染部位を教えてくれる「う蝕検知液」

検知液

う蝕検知液とは、虫歯の部分のみを赤く染める薬剤です。
そのため、虫歯に感染していない部分を削ることはほぼなくなります。また、感染部位をしっかりと目で確認しながら除去できるため、虫歯再発リスクも減少します。

こだわり2.視野を拡大し精密な治療を可能にする「拡大鏡」

診療

「拡大鏡」とはその名の通り、歯科を拡大する機器です。
下の画像を見てください。「肉眼の視野」と「拡大鏡をつけている時の視野」の比較となります。

  • 治療前
  • 治療後

視野を拡大することで、肉眼よりも「精度の高い治療」が行えます。
精度が高いということは、必要最小限の部分だけを削ることができると同義になります。

※例外的に、あえて多くの歯を
削ることもあります※

歯を可能な限り削らない方がいい。
これが基本的な考え方です。しかし、物事には例外もあります。

院長2

例えば、お口のケアがしっかりできており、定期的に歯科医院にメンテナンスに来られる方であれば最小限の治療(詰め物)で問題ないのですが、仕事が忙しい等でお口のケアや定期的な歯科医院でのケアも受けることができない方であれば、多くの歯を削っても、治療後虫歯になる可能性が低くなる「被せ物」の方が詰め物より良いこともあります。

当院では基本を大切にしつつ、その方にとって例外的な処置の方がプラスの効果をもたらすのであれば、積極的にその治療法をご提案しています。

来院者様ごとで事情は異なりますので、まずは色々なお話をさせてください。
それに合わせて適切な治療法をご提案いたします。

可能な限り「歯の神経を守る」虫歯治療

MTA

歯科医院で歯の神経を除去するケースで一番多いのが、虫歯に感染した部分を除去すると、医学的にどうしても神経までも除去しなければならなくなるケースです。

当院では、そのようなケースでも可能な限り歯の神経を守る処置を行います。
なぜなら、歯の神経を除去してしまうと、歯は枯れ木のようにもろくなってしまうためです。

当院では「MTAセメント」というものを利用することで、歯の神経を除去せずに虫歯治療を終えられる取り組みを行っています。

しかし、この治療法は、虫歯菌に罹患している部位や量、状態等によって対応できないこともあります。まずは、ご相談ください。

院長の願い
~治療の先にある
「皆様の幸せ」に貢献したい~

院長3

治療を終え、お口の中が健康になり、「治療」ではなく、お口の健康維持のための「メンテナンス」に通っていただく。そして、世間話をしながら笑顔で帰っていただく。

これが私たちの目指す歯科医院です。

院長4

これまで長年、歯科医療に携わってきましたが、お口の健康を長く維持されている来院者様というのは、歯に対する意識、つまり、歯は生活をする上で非常に重要であると強く認識している方です。歯に対する意識が高ければ、自ずとご自宅でのケアをしっかり行っています。そして皆さん、「歯科医院は健康なお口の状態をチェックする場所。普段のブラッシングでは落とせない汚れを定期的に落としに行く場所」と考えていらっしゃいます。

歯科医院とは、「歯を治す」ところですが、一旦治療が終了したら、「歯を守る場所」になるという考え方が大切です。そのように理解し行動していただけたら来院者様のお口の健康は安泰です。

「歯に対しての意識」を高めていただくため、当院では次のような取り組みを行っています。

★キッズクラブ入会の方限定★
あなたの「虫歯リスク」をチェック!

多くの来院者様が、ご自身のお口の状態を理解することで、歯に対しての意識が変わります。
そこで当院では、「唾液検査」というものを利用し、ご自身の虫歯リスクがどのようになっているのかを理解していただいています。

「唾液検査」★キッズクラブ入会の方限定

CAT

「唾液を検査して何が分かるの?」と思われるかもしれません。実は、非常に多くの大切なことが分かります。
例えば、お口の中の菌の量、プラーク付着量など。
この検査を行うことで、「虫歯リスクの程度」を知ることができます。その結果からあなたオリジナルの虫歯治療プログラムが作製でき、更に、治療終了後の予防処置効果の検証など、あなたの歯を守るための一歩進んだ歯科治療が可能となります。

私たちは「歯科医院は歯を守る場所」とご理解いただける来院者様と共に歩みたいと思っています。そして、そのような来院者様には「お口の健康を必ず維持させる」「残っている健康な歯を絶対に失わせない」という強い想いで末永くお付き合いさせていただきます。

お口の健康を通して、皆さんが毎日笑顔で幸せな生活ができるお手伝いをすること。
これが私たち歯科医療従事者の「使命」であり「やりがい」です。

初診「個別」相談へのご案内

メール相談

電話での問い合わせ

048-423-6423

初診時はカウンセリングと検査を必ずさせていただいておりますので大人は1時間30分、子供は1時間かかります

診療時間
09:15 ▶︎ 12:00 / / /
13:30 ▶︎ 18:00 / / /

このページの先頭に戻る