入れ歯

電話番号初診時はカウンセリングと検査を必ずさせていただいておりますので大人は1時間30分、子供は1時間かかります

診療時間
09:15 ▶︎ 12:00 / / /
13:30 ▶︎ 18:00 / / /

※休診日:水・日・祝

メール相談

キービジュアル

目立ちにくい/
金属のバネのない入れ歯

10万円~

より快適にご利用いただくため、
耐久性吸着性を高める
オプションもあります。

修理もできますので、経済的負担が
少ない入れ歯とも言えます。

自信を持ってお勧めする「目立ちにくい」「金属のバネがない」入れ歯

「入れ歯=目立つ/恥ずかしい/年寄りに見られる」
入れ歯にはこのようなイメージがあります。

しかし、技術の進歩もあり、今では「非常に目立ちづらい」入れ歯が製品化されています。
これを「ノンクラスプデンチャー」と言います。

義歯

ノンクラスプデンチャーというのは「金属のバネがない」入れ歯の総称です。

入れ歯が目立ってしまうのは、入れ歯を支えるための「金属のバネ」が原因です。
これが目立ちにくいようになれば、「入れ歯を付けていることが気づかれにくくなります」。

ノンクラスプデンチャーにも入れ歯を支えるための装置があるのですが、金属ではなく、歯肉の色になじむピンク色の樹脂を利用しますので目立ちにくくなっています。

ノンクラスプデンチャーは様々なメーカーの製品があります。
当院では「プロインパクト」という入れ歯をご提供しています。

プロインパクト

ノン1

プロインパクトと呼ばれるノンクラスプデンチャーは金属のバネがないので目立ちにくいという特徴の他、「耐久性が高い」とう特徴を持ち合わせます。入れ歯が壊れる原因の多くは、落下や乾燥に起因するものです。それに対しての耐久性を高めた入れ歯がプロインパクトになります。

耐久性や吸着性、痛みを抑える
オプションもあります

ノンクラスプデンチャーは目立ちにくいという特徴があります。
しかし、金属を利用していないため耐久性が低いというデメリットがありました。

しかし、このデメリットも下記のオプションを併用することで軽減することができます。

「耐久性の向上」
~ノンクラスプデンチャー×金属

金属

プロインパクト自体は耐久性が高いのですが、それ以上に耐久性を高めるため、「ノンクラスプデンチャー×金属」のオプションがあります。
金属で補強し、たわみを減らします。より一層の耐久性を求める方にお勧めです。

  • 普通のノンクラスプデンチャーよりも安定するため噛みやすい
  • 金属を利用するためより薄く作ることができ違和感が少ない
  • 熱を伝えるため食事が美味しく感じる

しかし「金属」を利用するため、下記のようなデメリットも存在します。

  • ノンクラスプデンチャーのメリットである柔らかさが軽減される
  • 重量感がある

担当医からのメッセージ
~入れ歯で悩まれている方へ

お口の中は常に変化しています。 例えば、加齢、もしくは噛み合わせ、歯並び、舌・頬の筋肉の状態により、刻々と変化しています。

そのため、その変化に合わせられる、変化を考慮した入れ歯の設計・制作・調整が大切になります。

この「変化」を考慮しないと、外れる、痛い、咬めない入れ歯ができあがります。
入れ歯を製作するための「理論」はありますが、理論だけでは解決できないことも多く、知識・経験に基づく柔軟な判断が大切になります。

担当医

このことを術者側が強く認識していなければなりません。

柔軟な判断は、これまで蓄積された「経験」からしか生み出されません。

基本と応用、そして各種理論をしっかり把握した上で、初めて来院者様の状態に応じた適切な判断・行動が可能になります。

入れ歯で悩まれている方。
一度ご相談ください。しっかりお話を伺います。
そして、理論、経験、知識で、あなたに合った入れ歯を製作します。

初診「個別」相談へのご案内

メール相談

電話での問い合わせ

048-423-6423

初診時はカウンセリングと検査を必ずさせていただいておりますので大人は1時間30分、子供は1時間かかります

診療時間
09:15 ▶︎ 12:00 / / /
13:30 ▶︎ 18:00 / / /

このページの先頭に戻る