親知らずの抜歯

電話番号初診時はカウンセリングと検査を必ずさせていただいておりますので大人は1時間30分、子供は1時間かかります

診療時間
09:15 ▶︎ 12:00 / / /
13:30 ▶︎ 18:00 / / /

※休診日:水・日・祝

メール相談

キービジュアル

当院では、大学で口腔外科を研鑽した
口腔外科医が在籍しています。

またCT装置を利用し、
精度の高い親知らずの抜歯を
行っています。

抜かなくても
良いケースもありますので、
ご相談ください。

難症例は「口腔外科医」が担当します

当院ではこれまで多くの親知らずの抜歯を行っており、抜歯が非常に困難なケースも含め、様々なタイプの抜歯に対応してきました。

また、精密な診査診断を可能とする「CT」も導入しておりますので、「他院で難しい」と言われる症例でも対応することが可能になっています。

難症例を担当するドクターは大学病院で口腔外科に所属していた口腔外科医が担当しますので、安心して治療を受けていただくことができます。

Dr 渡辺 高

渡辺 高

プロフィールや経歴はこちら

精度の高い抜歯を実現する「CTによる精密分析」

CT

親知らずの抜歯は、歯医者であれば一般的な処置となりますが、実は事前の診査診断をしっかり行わないと問題が生じることもあります。

例えば、下の顎の骨の中には太い神経と血管が通っています。
親知らずはこの近くにあることが多いため、抜歯の際に神経に影響を与えるリスクが高くなります。
神経等を傷つけてしまうと、しびれや麻痺が生じたり、多量の出血が起こることもあります。

しかしこれらは、事前に診査診断をすれば避けられる可能性があります。
当院では従来の「二次元」レントゲンだけではなく、CTと呼ばれる「三次元」で撮影を可能とする装置を備えています。下の画像をご覧ください。

  • CT
    CT画像
  • レントゲン
    レントゲン画像

左の画像が三次元のCT画像、右の画像が二次元レントゲン画像となります。
同じ部位を撮影した画像なのですが、CTには黒い部分があり、レントゲンにはありません。黒い部分は問題が発生している部分です。これは親知らずの症例ではないのですが、通常のレントゲンでは問題が発見できなかった一例として、ご理解いただきたいと思います。

歯科治療をする上で、「事前」に判断できる/できないは非常に大きな差を生みます。
当院ではやみくもに処置をするのではなく、事前に安全性/確実性をしっかり確認したうえで処置を行います。

親知らずを抜歯する基準

ドクター

親知らずは、必ず抜かなくてはいけないわけではありません。
親知らずを残しておくことで、将来、入れ歯やブリッジの土台として使ったり、どこかの歯がだめになった時に親知らずを移植できるメリットもあります。

また、抜歯することで生じるメリット/デメリットもありますので、ここでご紹介します。

親知らずを抜歯するメリット/デメリット

■メリット

  • 日々のブラッシングがしやすくなることで虫歯・歯周病の予防になる
  • 親知らずが原因の口臭が改善される
  • 歯並びが崩れない(親知らずが他の歯を押してしまい歯並びが崩れることがあります)

■デメリット

  • 治療後に腫れることがある(腫れた場合でも数日で治まります)
  • 抜歯することで空いた穴に食べ物が詰まることがある(約1か月間ほど)
  • 手前の歯がしみたりする

来院者様によって様々な状況が考えられますので、まずは歯科医師と相談して現状を把握し、親知らずを残しておいた場合の利点と欠点をご理解いただきたいと思います。

親知らずの抜歯症例のご紹介

水平埋伏歯

水平埋伏歯とは、完全に横向きに生えている歯を指します。通常のまっすぐ生えている歯よりも、抜歯が難しい状態です。水平埋伏歯を抜歯するためには、歯茎を切開してめくりあげ、歯の頭の部分と骨の一部分を削り取り、分割しながら抜歯していきます。

戦略的抜歯

戦略的抜歯とは、中長期的視点で考えた際、親知らずの存在によって今後問題が生じることが明白な場合は、その問題が生じる前に抜歯しましょうという考え方です。
例えば、親知らずが原因でブラッシングがしっかりできない部分が生じている場合や、顎関節に近く、将来的に顎関節症を引き起こす可能性がある場合などが挙げられます。

コラム
「妊娠前の女性」に親知らずの抜歯を
お勧めします!

イメージ

なぜ妊娠前の女性に、親知らずの抜歯をお勧めするのか?
それは妊娠すると、ホルモンバランスの影響で親知らずが激しく痛むケースがあるためです。通常なら抜歯をすれば済むのですが、妊婦さんはお腹の中に赤ちゃんがいます。可能であればレントゲン撮影や痛み止め、抗生物質の投与は避けたいところです。

つまり、選択肢は「我慢する……」。
これは辛いですよね。

そのため当院では、妊娠する前に親知らずを抜歯することをお勧めしています。

親知らずQ&A

右の親知らずを抜いたら、左の親知らずも抜かないといけませんか?
右の親知らずを抜いたら、左右でバランスが崩れるから左の親知らずも抜かなくてはいけないでしょうか?と質問されます。ケースによりますが、左右の親知らずの状態は同じようなケース(状態が悪いケース)が多いため、抜歯をお勧めするケースが多くあります。
親知らずが生えてくることで手前の歯が押され、歯並びが悪くなるって本当?
こちらもケースによります。歯が押されてしまい歯並びが悪くなる場合もありますので、しっかり診査診断を行い適切な処置をご提案いたします。
抜歯の費用はいくらくらいかかりますか?
親知らずの抜歯は、保険の範囲内で対応できます。費用は抜歯の難易度によって大きく変わります。通常の抜歯であればお薬代を含めて1,000円〜2,000円ですが、横向きに埋まっている親知らずですと5,000円近くになります。
どんな親知らずでも抜歯してくれますか?
ほとんどの場合は当院で抜歯しますが、以下の場合は大学病院等の専門機関にご紹介させていただいております 。
  • 心臓病や重度の糖尿病などの全身的なリスクが非常に高い方
    (通常の高血圧などは問題ありません)
  • 極度の歯科恐怖症で、抜歯時に全身麻酔が必要な方
  • 親知らずを抜歯する際、神経や血管を損傷する可能性が非常に高い場合

初診「個別」相談へのご案内

メール相談

電話での問い合わせ

048-423-6423

初診時はカウンセリングと検査を必ずさせていただいておりますので大人は1時間30分、子供は1時間かかります

診療時間
09:15 ▶︎ 12:00 / / /
13:30 ▶︎ 18:00 / / /

このページの先頭に戻る