審美セラミック治療

電話番号初診時はカウンセリングと検査を必ずさせていただいておりますので大人は1時間30分、子供は1時間かかります

診療時間
09:15 ▶︎ 12:00 / / /
13:30 ▶︎ 18:00 / / /

※休診日:水・日・祝

メール相談

キービジュアル

「あなたらしい」歯を創造する

こんな歯の色にしたい
もっと丸みを帯びた歯の形にしたい
歯の隙間をなくしたい

審美セラミック治療は、
来院者様の「こうしたい」を
カタチにする治療です。

遠慮なく、あなたの「こうしたい」を
教えてください。

人気!「1日」「保険」で
白い歯が手に入る
~ダイレクトボンディング法~

ダイレクトボンディング法とは、歯を削る量を最小限に抑えつつ、1回の来院・保険適用内で白い歯を手に入れることができる治療法です。「保険で小さな虫歯を綺麗に治療したい」「欠けてしまった歯を保険で綺麗に治療したい」「保険で銀歯を白い詰め物にしたい」というご要望にお応えしています。適応症例は限定されますが、ご興味がある方は是非、お問い合わせください。

「美」にかかわる治療。妥協はできません!

審美セラミック治療は「美」にかかわる非常に繊細な治療です。
当院では来院者様の理想を追求するために、治療の各過程で「来院者様と完成後のイメージを共有する」ことを重要視しています。

「治療前」のカウンセリング

治療を行うに来院者様の「理想」をしっかりとお伺いします。この工程を踏むことで、「自分の歯がどのように変わるのか」をイメージしていただけます。そして何よりも来院者様、そしてドクターが治療後のイメージをしっかり把握した上で治療を進められますので、「ズレ」をなくすことが可能になります。

  • 治療前
  • 治療後

当院が行う審美セラミック治療 2つの特徴

ドクター

審美セラミック治療とは、詰め物・被せ物を用いて「歯の色」「歯の形」「歯並び」をより美しくする治療です。そして、来院者様の口元のコンプレックスを取り除き、人生を楽しんでいただく治療とも言えます。

実際、審美セラミック治療を行うことで、「これまでと180度人生が変わった!」「周りから表情がすごく明るくなったと言われた」「夢だったCA(キャビンアテンダント)を目指してみます!」というお声を頂くことがあります。

当院で行っている審美セラミック治療の特徴をこれからご紹介いたします。

高倍率拡大鏡を活用した精密治療

ルーペ

  • 美しさが向上します。
  • 長持ちする治療ができます。
  • 虫歯になりにくくなります。

「身体に優しい」治療の実践

笑顔

身体に優しい治療をすることで、最終的に長期的な「美」の獲得が達成できます。

「高倍率拡大鏡」を活用した超精密治療

ルーペ

高倍率拡大鏡(ルーペ)とは、視野を何倍にも拡大できる装置のことを指します。肉眼では見えない領域に如何にこだわるかで、「歯の美しさ」「耐用年数(どれだけ長持ちするか)」を左右します。

「美しい歯」を創造するために

美しい歯の定義は「天然歯と見分けがつかない歯」です。
私たちは、如何にこの天然歯に近づけられるか日々研究しています。

皆さんは歯をまじまじと見たことがないと思うので、「綺麗な歯はどのようなものですか?」と質問すると「真っ白な歯」をイメージするかもしれません。しかし真っ白なつるんとした歯は、実際にお口に入れると非常に不自然になってしまいます。下記の歯をご覧ください。

口元1

白い歯を作るにも、他の歯とのバランス(色・形)や、透明感、凹凸、そして敢えて黄ばみを入れるなどの工夫をしなければ「天然歯」に近づけることはできず、周囲から「この歯は治療した歯だな」と思われてしまいます。天然歯に近い歯とは下記のような歯です。

口元2

天然歯に近づける作業は非常に繊細ですので、やはり「肉眼」での治療では限界があります。「被せ物・詰め物」を作製するのは「歯科技工士」という方です。当院と連携している技工士さんは、主に技工用の「マイクロスコープ」を利用しながらミクロン単位で調整することで、天然歯と見分けがつかない被せ物等を創造しています。

虫歯になりにくく、
「長期間利用」できる歯を創造するために

審美セラミック治療は、人工物を歯に装着する治療です。
そのため、どうしても天然歯と人工物である被せ物等の間には「すきま」が生じます。
その隙間から虫歯菌などが入り込み、被せ物等の中で悪さをして虫歯が進行してしまうことがあります。下の画像は、他院で治療された来院者様の症例となります。
一見、虫歯であることが分からないのですが、詰め物を外してみると中が虫歯になっていることが確認できます。

つまり、治療時に如何にこの「すきま」を作らないかが、長持ちするか否かの分かれ目となります。

この隙間は目では確認できないレベルのものです。
つまり、従来通りの目だけでの作業では、自ずと長持ちするか否かの結果は出てしまいます。当院ではこの隙間の調整を高倍率拡大鏡等で行っていますので、長期間利用できる被せ物等を作製することができるのです。

「身体に優しい」治療の実践
~長期的な美の獲得を目指して

笑顔

審美セラミック治療を行っている医院には2通りの傾向があります。

傾向1「長期安定性」と「審美性」の両立を追求する医院

傾向2「審美性」のみを追求する医院

当院は「傾向1」の長期安定性と審美性の両立を追求する歯科医院です。
では、「傾向2」の審美性のみを追求する医院とはどのような医院なのでしょうか
少しご説明します。

「審美性(歯の美しさ)」のみを追求する医院の特徴

特徴1歯周病へのアプローチをしない

治療前に歯周病の改善をすることが、審美セラミック治療を成功させるためには重要となります。

隙間

歯周病になると歯茎が腫れてしまうので、その状態で型取りをしても、お口に合わない被せ物が出来上がってしまいます。お口に合わないということは、被せ物と天然歯の間に隙間が生じてしまっているので、そこから虫歯菌が侵入し、被せ物を外してみると、その中は虫歯だらけ
このような悲劇を防ぐためにも、歯周病治療は必須です。

歯周病の治療を行わずに他院で治療されてしまった症例が右の画像です。視認できるレベルで歯と被せ物の間に隙間が生じているのがご確認いただけると思います。

こうなってしまっては、高額な治療費を払って手に入れた被せ物を外して、虫歯治療をしなくてはなりません。

「被せ物の美しさ」や「治療費の安さ」だけで歯科医院を選ぶのではなく、
歯の健康、そして長期安定性を意識した治療を掛けている歯科医院であるか」を念頭に置いて、受診先を選ぶことを強くお勧めします。

初診「個別」相談へのご案内

メール相談

電話での問い合わせ

048-423-6423

初診時はカウンセリングと検査を必ずさせていただいておりますので大人は1時間30分、子供は1時間かかります

診療時間
09:15 ▶︎ 12:00 / / /
13:30 ▶︎ 18:00 / / /

このページの先頭に戻る