親知らず口腔外科

「親知らずは歯医者で抜いてもらった方がいいですか?」

はい、いいえ、両方です。

親知らずを歯医者で抜いて、腫れたなんて誰もが一度は聞いた事があると思います。

親知らずは抜かないでいいケースもあります。

ただケースによって抜かないで残す理由はさまざまなので、自分の親知らずについて担当の歯医者さんにお聞きになるといいと思います。 もちろん当医院でもお答えします。最近では移植に使えたりする事も、ケースによっては可能です。

親知らずは抜いた方が良いケースも

納得していただけるように説明しますし、痛くなく、腫れも出にくくするような処置を心がけています。 もちろん「親知らずを歯医者で抜く」という最終的な判断は患者さんが決めることです。 医学的に見れば抜いた方が良いケースも、やはり人間ですから色々な理由で(怖いなど)どうにか抜かずに残していく方向を模索していくこともあります。

抜いた方がいいけど残すケース

これはその後、親知らずを残す為に歯医者さんと二人三脚で色々なリスクを減らす、処置、予防、生活習慣の改善が絶対に必要になります。 このように「親知らず」だけでも色々ケースや考え方、処置があるのですが、

お口の中の事であれば

腫れた、痛いという方や、口内炎ができた、口の中が荒れた、舌が痛いなど、ぜひ一度ご相談ください。

埼玉県朝霞 衛生士募集
院長挨拶

わたしの歯医者さんの名称とロゴマークは、商標登録をしています。(登録第5692445号)